MIC05 4日目 3月25 日 Vol, 2

いよいよ決勝トーナメント一回戦!

相手は EF PLAT BLAUGRANA 。これもカタルーニャのチームです。

で、この試合に勝てば多分勝ち上がってくるであろう、ブラジル代表 との試合が待ってるわけです!みんな気合入りまくりだー!
d0014818_23474426.jpg












スタメンは GK ⑯大橋  DF ③野島、④小松裕、⑤堤  MF ⑥山田、⑧増田、⑲佐藤、⑪西澤、⑩セルヒオ、⑦萩尾  FW⑰鈴木
(状況にあわせ、⑩セルヒオ、⑦萩尾のどちらかがFWになる)

前半
10分 1-0 右サイドから⑤堤がFW⑰鈴木の裏へ縦にロングパス。ゴールラインを割るかと思われたボールに、相手DFが先に追いつくものの、⑰鈴木は粘り、奪い返す。ドリブルで少し切り込み、中にいた⑩セルヒオへパス。⑩セルヒオ、背後にDFを背負いながらも、うまく体をぶつけ、ボールを足の裏で扱い、ターン!もう1人相手DFがよって来るが、シュートフェイントで交わす!そして、そして右のアウトで放ったシュートは、、、、ゴーーール!!!!

すげー!すげー!すげー!すげー!すげぇぇぇぇぇぇーーーーーーーー!!!!!!!
あんた天才だよ!

相手は今までの相手に比べると高い位置からボールを追ってこなかった。プレッシャーの度合いは比較的ゆるかったが、今までの相手と違うのは “汚い”プレイが多い!ぶつかってはすぐ倒れてファウルをアピールしたり、ものすごく大袈裟に痛がったり、審判を見方につけようとする。審判が見てないところで頭をスコーンとたたいたり。
d0014818_23493114.jpg
(キャプテン⑤堤)

後半
相手が3トップにしてきたため
 ⑧増田に代わり、②小松靖。  → 4-4-2にチェンジ

10分 1-1 相手陣地からFWめがけ、ボールがけり込まれる。レッズDF陣は手をあげ「オフサイッ!!」。しかし、主審はオフサイドをとらず、相手FW1人で独走。④小松裕、必死で戻り、追いつくものの、スライディングして倒してしまう。PKに。。。
(後に、ビデオで確認したらオフサイドかどうかは微妙なとこでした。)

後半途中から守備的になりすぎた感じがした。前線にボールが渡っても、フォローがいなかったり、ボランチがDFに吸収され、中盤がポッカリと空く場面も。
そして相手の汚さを一段と増していく。
チャンスもいくつかあったものの、焦り、いらつきからパスミス、判断ミスが続く。
⑩セルヒオを一旦ベンチへ下げ、指示を与える。
⑥山田に代わり、⑬宇賀神。

結局1-1のままタイムアップ、PK戦へ。
PK戦になると地元のやろう共が、ゴール裏に集結。彼らとゴールの距離は2メートルもない。
レッズの選手がけるときはブーイングの嵐。
GK⑯大橋の背中は唾だらけ。
アウェイという言葉とは違う、異様は雰囲気。

レッズは後攻に。   (左右はキッカーからみて)

1、○ ― ○ ⑩セルヒオ
2、○ ― × ⑲佐藤  右ポストにはじかれる
3、○ ― ○ ⑦萩尾  決めた後、ゴール裏の
4、× ― × ⑪西澤  キーパーに止められる
5、○ ― 

→ PK戦 2-4

VS EF PLAT BLAUGRANA   1-1 (Pk 2-4) → 敗退。

選手達にとってこの負けを受け入れるのは酷なことでした。
ロッカールームに戻ると大泣きする選手もいたようです。

相手チームはものすごく汚かった。激しいんじゃなくて汚い。こんなサッカー見たことない。見ていて嫌になる。怒りさえでてくる。監督は一体何を教えているんだか疑問だ。すぐに倒れる(マリーシアとは全く違う)、選手に向かって蹴る、ひじ打ち、頭をたたく、唾を吐く、、、、ひどい。汚さの次元が違う。試合後にあれはサッカーじゃない、って言う選手もいたぐらい。

そんな相手でありながらも、この試合もレッズのサッカーは人々を魅了するものでした。
アウェイでありながらも一部の観客はレッズのサッカーに魅せられて、いつしかレッズの応援に。そして、試合後には優しい拍手を贈ってくれました。
中には「お前らの方がいいサッカーしていたのを、俺は知ってるから、元気だせよ」と声をかけてくれる人もいました。

自分の意見としては、
こういう汚いサッカーがあるってことを選手達が受け止めてくれれば幸いです。
受け入れる必要はありません。
こんなサッカーをして欲しくありませんから。
ただ、その存在を知っていてくれればいいんです。
この試合が選手達の貴重な体験となり、ステップアップにつながる事を期待しています!


ちなみに一番最悪だったのは、帰りのバスがこの EF PLAT BLAUGRANA と同じだったことです。。。
[PR]
by pixy-ryoya | 2005-04-07 23:54 | 浦和レッズユース


<< MIC05 5日目 3月26日... MIC05 4日目 3月25日 >>