合宿終わってまったー

3日ぐらい前に サッカー大会イン長野 から瀬戸に帰ってきました。

いい結果を残すことはできんかったけど、楽しかったからいいや。
合宿について書こうと思ったけど、めんどくさいからはしょります。

今日は9月11日。
何の日かというと、衆議院議員選挙。 って世の中の大半の人は答えるでしょうが、

瀬戸市民は違います。
瀬戸市民ならこう答えます。 「瀬戸物祭りの日!」って。
瀬戸物祭りとはその名のとおり、瀬戸物と呼ばれる陶器を売る露店がばぁーーーーっと道に並ぶ盛大なお祭りです。そのせいで道路が通行止めにされるんです。 いい迷惑だ。 おっと。
祭りについての説明もこれ以上はめんどいんではしょります。

さて本題は選挙。



生まれて初めて投票してきました。
1年くらい前になんかの選挙があったんやけど、疲れとったから家でのんびりしてた記憶がある。
つまり投票にいかんかったわけです。
それをスペイン留学中にヒロさんやコータローさんに話したら、大説教をくらいました。
「お前も今時の若者か!」に始まり、延々と2時間近くも…。
コータローさんはバルサがマドリーに負け凹んでいるはずなのに、
ヒロさんは普段チャラチャラしてて不真面目なくせに、
「選挙には絶対行け!」と言うんです。

もちろん初めは、自分の考えを主張し、反論しました。
あの頃の自分は社会、政治家が大嫌い。まあ今もやけど。
「世の中?腐ってるわ。俺をそんな社会に巻き込むな。俺はそんな社会なんかに属してないんだよ。」
「政治家なんて、世の中悪いとこだらけやっちゅーのに、一向に改善しようともせず、私利私欲に生きてるだけのくそやん。死ね。」

よーするに、とがってました。

しかしですね、「投票しんなら、政治に意見言えんのやで!」の一言に うっ となり、考えは改まっていきました。
そして、様々な厳しいお言葉を浴び、結果的に、選挙に行かないかんなー!って思うようになったわけです。
で1つの使命を預かりました。
「周りの友達を選挙に行くように説得しなさい」

そして帰国後、選挙には興味がないという友達を上の使命のもと、選挙に行くよう熱弁し、説得したわけです。
偉いぞ、自分!
これであいつは選挙に行ってくれるはずだーと満足感と達成感に浸りました。
しかし、昨日重大なことに気が付きました…

あいつ今、バリ島に旅行中やん…


まぁいい。
1票よりもお土産の方が大事だわ。
[PR]
by pixy-ryoya | 2005-09-11 18:58 | 思うこと


<< のぞいてみそ サッカー大会 エン 長野 >>